×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

♪長谷川 哲のHappyな生い立ち♪


1980年12月23日、大阪府で、この世の者とは思えない可愛らしい赤ん坊が生まれる。その赤ん坊は、名前を

「哲」

と名付けられる。

両親の惜しげもない愛に包まれながら、可愛らしさに磨きをかけ、すくすくと育つ。あんなに可愛いかったのに、よく誘拐されなかったなと、胸を撫で下ろす今日この頃。

大阪府は枚方市にある、「海の星幼稚園」に入園する。あまりの可愛いさに担任の先生が、他の園児そっちのけで、可愛がってしまう。
周りから注がれ続ける愛を余すことなく受け止める、器のでかい幼稚園児が育つ。

同じく枚方市にある、「枚方第二小学校」に入学。1〜4年までの記憶は、断片的にしかないことに最近気づく…。水泳ずっとやってた。
5〜6年は、恩師と呼べるS先生に出会う。楽しい小学校生活を送る。体育が大好きな小学生だった。
周りから膨大な愛情を注がれて育ってきたつもりが、この頃から、どうやら自分は普通の子供だったと自覚する。

同じく枚方市にある、「枚方中学校」に入学する。家からダッシュで3分。そして、なぜか卓球部に入学する。いまだになんで…??でも卓球上手くなった。今でも卓球は自信あり。あくまで遊びレベルで。
至って普通の中学生で、至って普通の中学校生活を送る。自分は普通の中学生だと確信を持つ。

同じく枚方市にある、「大阪府立香里丘高等学校」に入学する。ずっと憧れていたギターを購入する。なんとなくエレキギター。弾き方がわからず、放置プレイ…。
2年になり、再び音楽へのパッションが湧いてくる。バンド結成。最高に楽しい日々を送る。
自分は、音楽をやるために生まれてきたんだと気付く。Hi-STANDARD最高。
3年になり、受験勉強とかしてみる。でもギリギリまでバンド活動もやってみる。運良く第1志望の大学に合格する。

高校の卒業旅行で、「スノーボード」と出会う。白馬の栂池でデビュー。板からウェアまでオールレンタルで、メソッドやりまくった。楽しかった。

京都にある「龍谷大学」に入学する。なんとなく経済学部。いろいろな地方の人に出会い、最高に楽しい日々が続く。冬は、ツアーで2回白馬へスノーボードしに行った。ちょっとずつスノーボードにハマってくる。そして、スノーボードウェアを買ってみる。どこのブランドかわからない…。
音楽からスノーボードにパッションが移ってくる。

大学2年の時に、幼なじみと白馬の乗鞍にプチ籠りしてみる。カービング練習した。メソッドあんましやらなくなった。だいぶスノーボードにハマってくる。

大学3年の時、香川県出身の親友が、「四国に室内ゲレンデがあるらしいでっ!!」って言った。夏休みに旅行がてら行ってみる。上手い人だらけでビビる。ライダーって人を間近で見る。自分ももっと上手くなりたいと思う。

就職が決まり、大学4年の冬、親友4人と想い出作りに、白馬五竜&47に籠ってみる。最っ高に楽しい2ヵ月を送る。B3ができるようになる。B5に挑戦し逆エッジを食らう。

大学を卒業し、第1志望の会社に入社する。毎日が新しいことだらけで、めっちゃ刺激的な日々を送る。大変ではあったが、非常にやりがいのある楽しい仕事だった。

一方、心の奥で、スノーボードへのパッションがふつふつと湧いてくる。

今まで、スノーボードのライダーになりたいとか、ほとんど思ったことがなかったのに、このままでいいのか?という疑問が生まれる。ありとあらゆることをめっちゃ考える。今まで自分の人生ででこんなに考えたことはなかったくらい考えた。

結論。後悔をしない人生を送ろう。

めっちゃ上司を説得し、会社を辞めて、石打丸山に籠る。


スノーボード人生が始まる。



23歳からのスタート。厳しい現実がいろいろ待ち受けているのも分かってた。でも後悔するよりはいいかと思った。

いっぱいコケて、いっぱい痛い思いした。

その分、いっぱいいっぱい楽しい思いした。

大会で勝った。DVDに出演した。スポンサードしてもらえるようになった。

でもまだまだ志半ば。

これからもめっちゃ頑張る。めっちゃ楽しむ。


こんな長谷川 哲ですが、応援してもらえたらめっちゃ嬉しいです☆
よろしくお願いします!!